社会保障費の増加をVR瞑想が止める?

20160808

薬のような効果が期待できる座禅。

薬には、その効果の持続時間というものがあります。1錠飲めば、永遠に効果があるという薬はありません。そこで、効果に制限がないと注目されているのが、古来より日本に伝わる座禅です。

 

現在、日本の社会保障費は、年々増加しています。社会保障費の増加は、日本の財政を圧迫し、高齢化の進化とともに現役世代の負担を大きくしています。

 

膨らむ社会保障費の理由は、高齢化による医療機関の受診増加、複数医療機関の受診による薬の重複処方や大量消費など無駄が多いことが挙げられます。

 

座禅は、手術前や手術後の精神的な不安の解消、日々のストレスからの解放などに効果があると言われているため、高齢者であれば疾患による苦痛の軽減や不眠への効果も期待できます。

 

薬のような効果がありながらお金をかけず、副作用の心配なく効果が持続、それが座禅なのです。しかも、わざわざお寺へ行って修行するのではなく、どこにいても、たった一人でも参加できるVR瞑想で。

 
VR瞑想

VRなら、いつでも、どこでも瞑想。

VRとは、バーチャルリアリティ。人間の感覚器官に働きかけ、現実ではないのに現実のように感じられる環境を、人工的に作り出す技術のことです。

 

Cubicle Ninjasは6月、瞑想導入VRアプリ「Guided Meditation VR」のGear VR版をリリースしました。すでに「Oculus Rift DK2」版は提供されていましたが、今回のリリースはサムスン製のHMD、Gear VRにも対応。

 

日本で育まれた仏教文化、禅を基本にした「Guided Meditation VR」は、16種類の風光明媚なロケーションを選んで瞑想ができます。色鮮やかな紅葉の森、日本の村落、南の島の浜辺、そして北極圏の氷山など、瞑想を行う場所は今後も追加されていきます。

 

瞑想ができる場所へ自ら足を運ぶのではなく、自分がいる場所に瞑想できる環境をつくってしまうVR瞑想。いつでも、どこでも、自分のペースで瞑想できます。

「Guided Meditation VR」のダウンロードは無料です。

 

VR瞑想で、静かに座れない若者が15分間瞑想。

VRは、プレイヤーが感覚をフルに使ってゲームを楽しむというイメージで、いわば「動」。しかし、癒しに着目した「静」のコンテンツにも注目が集まっています。

 

世界最大級のゲーム見本市「E3 2016」で出展された「Guided Meditation VR」は、VR瞑想の素晴らしさをPR。普通の環境なら静かに座っていることすらできない若者でも、このVR瞑想を使えば15分間は意識を集中して瞑想できるとのこと。

 

高齢者は、血圧を下げるため、血糖を下げるため、胃腸の働きを助けるため、腰痛を軽減するため、不眠を解消するため…たくさんの薬を服用しています。医療機関を受診するたびに薬が増えていって、そもそも何のために薬を飲んでいるのかわからない、なんているケースも。

 

瞑想の効果には、ストレスの軽減、記憶力のアップ、創造性のアップ、不安の軽減、集中力の向上などがあると言われます。

 

リアルの世界で薬が増えて増加する社会保障費を、その対極にあるバーチャルの世界が社会保障費を減らしてくれるかもしれません。

 

 

・参考

おたぽる

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160716-00010001-otapolz-ent

入居者紹介業を検討中の事業者さま

老人ホーム・高齢者住宅への入居者紹介業をご検討中ですか?入居者紹介業のフランチャイズ加盟についてのご相談は下記お問い合わせボタンからご相談下さい。

無料で相談する