小規模M&Aが増えている

20190820

近年、小規模の企業のM&Aが増えていますが、この背景には中小企業やベンチャー企業がM&Aをするに際にはいくつかの理由があります。一つは会社同士で事業を提携し、さらなるイノベーションやビジネス改革を起こすためです。もう一つは小規模企業同士が合併し規模を拡大することで人件費や経費、無駄をカットしたり企業同士の合理化することも考えられます。
小規模M&Aは1000万円前後の小規模なM&Aで事業譲渡や、相続などによる事業継承も同じように数多く行われていて、新事業の開拓など市場が活発化されるので今後ともに小規模企業のM&Aは増えていくと考えられます。

 

小規模企業M&Aのメリット

 

M&Aは各企業同士が合併してお互いのイノベーションや、社内のシステムを改善することが可能となり多くのメリットがあり小規模から中規模の企業にとっては非常に有益であり、企業同士が合併して更に大きな企業に生まれ変わりビジネスにおいても売り上げや利益に繋がり、更なる発展を望むことが出来るようになります。
1000万円以下の小規模企業においてもM&Aのメリットは会社内のサービス統一化としても非常に有意義です。社内のサービスを統一化することができたり、企業情報を共有し、開発なども一緒に進めることが出来たり多くのメリットがあります。中小企業でも会社のサービスや業務が統合することで企業にとっても大きな転機になります。

 

人材育成、人件費削減なども

 

M&Aをすることにより企業が持っている情報や顧客、また技術を連携することで更に大きな企業に生まれ変わらせることが出来るようになります。事業を促進するシステムを導入して、さらには人材育成、人件費削減なども可能となり、社内の人件費を削減するためにもM&Aする企業も増えています。中にはリストラや人員調整のためにM&Aを行う企業もあります。M&Aをして人員を削減し、他の企業と一つの会社とした新たな再スタートを図ることが出来るようになります。

小規模M&Aが増えている01

 

デメリット

リストラのためM&Aをするならばそれなりの退職金、また社員への対応に追われます。社会的な責任もかねて企業は技術やM&Aを検討することが求められます。

 

技術やイノベーションをシェアするM&A

 

小規模M&Aは1000万円前後の小規模なM&Aですが各企業同士で持っている企業の良さを発揮するために、技術やイノベーションをシェアするためのM&Aもあります。会社同士でデータや、顧客の管理が出来、更に新たな事業や、マーケットに進出する手がかりとなることもあります。企業が持っている資産や、その他の権利など共有することが出来るようになります。
1000万円前後の小規模なM&Aでにおいても技術やイノベーションをシェアするためのM&Aをする際においても企業独自に情報や技術などのデータの管理は重要で、情報、企業秘密が外部に漏れないように慎重に合併を行うことが大切です。
そのため、M&Aをする相手企業もしっかり吟味する必要があります。小規模M&Aでも企業が存続していくことが出来るように信頼できる企業を選択する必要があります。

 

小規模企業の外国企業とのM&Aについて

ベンチャー企業などは中堅、小規模企業も外国企業とのM&Aも非常に精力的に行っています。日本企業が持っていないシステムや技術、また、日本企業も持っている技術を提供したり業務を統合したりするメリットを含んでいるだけでなく、外国に進出したい企業、または今後進出する予定で、外国企業と一致してサービスを統合することで更に企業のサービスや商品を世界マーケットに向けて発信する事が出来るメリットを持っています。小規模でも内容次第では意義のあるM&Aが可能となります。
海外企業とのM&Aは事前に企業調査なども行う必要があり、国際的な規定に従い合併をするため専門化に相談する、もしくはコンサルタントに相談する必要があり、事前調査などに時間を要する可能性があります。M&Aの際には会社同士での規定をしっかり決めることが大切です。

 

M&Aマッチングサービス

 

小規模のM&AのプラットホームとしてTRANBIが人気です。特に累計マッチング率が非常に高く、今までの日本にないようなビジネスを促進する取引が成立しています。買い手も売り手にとっても最も効果的なM&Aをマッチング可能なサービスとして認知されています。

小規模M&Aが増えている02

 

海外スタートアップのマッチング検索も

海外スタートアップのM&A案件は海外で事業展開、拡大を予定している方におすすめです。直接交渉が可能となり、売り手と買い手をダイレクトに結びつけることが出来るサービスです。

 

まとめ

M&Aは目的に合わせて企業同士がサービスや業務を統合し将来的に会社の存続を図ります。そのため社内の人員を調整し、新たな会社としてスタートするために、小規模企業でもM&Aをする機会が増えてきました。または技術統合のためにM&Aを行う企業も増えています。また更に海外企業とM&Aをして海外に進出する企業などもあり、その目的は様々です。M&Aをすることで会社の利益やその他にもいろいろな相乗効果もあるのでM&Aをする企業は増えています。

入居者紹介業を検討中の事業者さま

老人ホーム・高齢者住宅への入居者紹介業をご検討中ですか?入居者紹介業のフランチャイズ加盟についてのご相談は下記お問い合わせボタンからご相談下さい。

無料で相談する