よくある質問

フランチャイズ加盟についてのお問い合わせでよくあるご質問にお答えします。

研修制度はどうなっていますか?
お住まい相談員の初期研修は、5日間。最初の3日間で、必要な知識やスキルを身につけていただきます。その後、1人で業務を行った後、ひとりひとりの習得度に合わせて2日間の研修でフォローします。初期研修後も、日報をもとに担当スーパーバイザーが日々フォロー。定期的に行っている地方別フランチャイズ合同研修会フェーズ別研修会全国会議でも、お住まい相談員のスキルアップ、お住まい相談員同士が交流を図れる場を用意しています。お住まい相談員は拠点に1人でも、いつも本部や他のフランチャイズ加盟店とつながっているので安心です。
他の入居者紹介事業との違いは何でしょうか?
他の入居者紹介事業の場合、東京のモデルをそのまま地方で活用されています。しかし、地域により高齢者のニーズや高齢者住宅の状況は異なります。つまり、それぞれの地域に合った方法が必要なのです。それを実践して成功しているのが、ウチシルベです。ウチシルベは関東、関西、九州に本部があり、全国各地でフランチャイズ展開に成功しています。
また、webサイトで施設情報を発信するだけでなく、常に「人」が仲介しているのが、ウチシルベの特長。ウチシルベはご相談者にパンフレットやwebサイトで公開されている情報を提示するだけではありません。お住まい相談員が実際に施設へ足を運び、施設を見学し、施設の方と話して入手した生きた情報ばかりです。その情報をご相談者に伝えるのは、電話やメールではなく、いっしょに施設見学も行うお住まい相談員。見学に同行して施設を案内するだけでなく、ご本人やご家族の気持ちをいち早く聴き、よりふさわしい住まいを提案しています。ウチシルベは、webサイトとお住まい相談員の利点を相互に活かして行っています。
さらに、フランチャイズ加盟店のお住まい相談員への指導は、入居者紹介の現場でお住まい相談員の経験を積んだスーパーバイザーが行っています。高齢者やご家族のお役に立てる喜び、また施設を紹介する過程の難しさ、大変さを知りつくしたスーパーバイザーだからこそできるサポートを行っています。
お住まい相談員に適した人を採用できるか心配ですが…。
お住まい相談員に求められている資質を知りつくした、くらし計画の本部スタッフが面接に同席することが可能です。これまでに100人以上の採用実績があり、お住まい相談員の成功例、失敗例を見てきました。この人には、どんな指導をすればどうなるか、お住まい相談員の育て方も熟知しています。
お住まい相談員の資質に加え、フランチャイズ加盟店それぞれの会社の採用基準や本業との相乗効果をふまえた選考にも対応しています。
本部ではお住まい相談員募集サイトを用意しており、仕事の内容、仕事の流れ、お住まい相談員に求める人間像などを紹介。フランチャイズ加盟店の人材募集をサポートしています。
閉鎖的な地域は新しいビジネスが難しくありませんか?
フランチャイズ加盟前、よくみなさんが言われることです。最初は厳しいことがあるかもしれませんが、今後ますますニーズが高くなる事業なので、いっしょにがんばりましょう。地域に密着している会社なら、地域からの受け入れがスムーズなはずです。当初は心配されていたフランチャイズ加盟店のエリアにも、ウチシルベは着実に根づいています。
会社が遠方にあるのですが、フランチャイズ加盟について説明に来てもらえますか?
日本全国、どこへでも伺います。フランチャイズ加盟後もフォローに伺いますので、ご安心ください。
直営で運営せず、フランチャイズ展開をするのはなぜですか?
入居者紹介事業、ウチシルベは、地域密着が重要です。より良いサービスの提供には、土地勘が必須です。このため、直営で全国展開をするには時間がかかります。先行優位な事業なので、エリアをスピーディーに広げるためにフランチャイズ展開をしているのです。
土地勘のある、地域に根ざしている会社といっしょにウチシルベのネットワークを広げています。
フランチャイズ加盟しなくてもできそうな事業だと思いますが?
事業を立ち上げることはできますが、維持するのは難しいと思います。また、得られる効果が違います。ウチシルベの拠点は約60ヵ所、全国にネットワークがあり、高齢者住宅の紹介事業としてのノウハウ、紹介事業を本業で活かすノウハウがあります。
ウチシルベには成功例も失敗例も熟知している強みがあり、紹介事業の枠を超えた価値があります。