ウチシルベ湘南 社長インタビューが雑誌に掲載されました!

20171227
ウチシルベ湘南
投稿者:水田哲朗

ウチシルベ湘南の母体である富士リアルティ代表、永松秀行社長のインタビュー記事が雑誌「ビジネスチャンス」2018年2月号に掲載されています。

不動産大手FCのセンチュリー21にも加盟されている富士リアルティ。神奈川県湘南エリアでより地域密着型のビジネスに注力していきたいと考え、ウチシルベに加盟されたということです。

10数年前から介護と不動産をかけ合わせてなにか出来ないか考えていたという永松社長。知り合いから訪問介護事業の紹介もあったそうですが、当時は独立してまだ間もないタイミングだったため、一度諦めたそうです。

そして3年半前から訪問看護と介護事業をスタートし、昨年ついにウチシルベに新規事業として加盟されました。

「不動産でも仲介業をやっているので、介護の仲介も面白いなと思いました。問い合わせををして話を聞いたら、簡単というと言い方は悪いですが、施設については本部側でやります。これだけ覚えて下さいという内容だったので、これならいけるなと思いました」と語ってくださいました。

また、不動産業との相乗効果については

「最近でも施設に入る方が不動産を売りたいということがありました。施設に入居を決められると変な話一世帯なくなるわけです。そういう場合が多いので必然的に本業へ繋がります」と実感されているそうです。

 

ウチシルベ湘南は実働スタートから現在までの成約件数は15件。これは平均の成約件数からするとかなりのハイペースです。富士リアルティの名前が地域でよく知られていたことと本業の不動産業との親和性が高かったことからこのような実績となっているそうです。

 

永松社長はお住まい相談員、長谷川達也さんの営業力についてもインタビューでお話されました。今年2月から入社した長谷川さんですが、飛び込みの営業力が買われ、お住まい相談員に抜擢されました。6月には大口の案件が決まり、施設との関係も良好に築かれているため、立て続けに成約につながっています。

ウチシルベ湘南では今月から女性スタッフを1人増員、さらにはFMヨコハマでラジオCMをスタートするなど精力的に活動されています。来年もさらなる飛躍が期待できそうですね。

フランチャイズ加盟を検討中の方

相談する(無料)